トリッコロール

2007-05-13後藤真希

通りすがったような気がした。雑踏。灰色で、少しく青みがかっていた。ここは、過去? そこはかとなく流れる「僕のいた景色感」。流れるのはころころとした音符で、キラキラとして弾むようなリズムだった。道、というのは、左右の両側に固まりがあることで、その中央には人の群れがあった。それは、都市ならば、世界のどこにいても同じで、そしてそれが村ならば、広い空間に点在する物体だった。広がった空は、イメージだ。青、雲、光る円。消えてみてほしい。僕を取り囲む三次元存在の点の集まりが一度に崩壊し、波の集まりになってほしい。波になれば、交われる。此れと彼れの境界もなくなる。存在とは、むなしい。つまりそれは、差異であって、鏡面だからだ。波になろう。波になれば、交われる。振り向いたら、変わった。後ろは、闇だった。光になろう、飛び越えよう。美しくなろう、立ち振る舞おう。浮かぼう。薄くなり、混ざろう、溶け込もう、一つになろう。そうしたら、すべての苦悩は消えそうな予感。逃げの予感。死の予感。通り雨。

2006-12-25そこにはシステムだけが残る

 後藤真希さんがかわいい。後藤真希さんがかわいらしい。お美しい。もうそれは誰かが誰かに何かを伝達しようとする一つの単位であるとか、文字によって自分だとか世界だとかを「表現」するというようなことではなく、一つの真実でありながら、そのあらわれである文章、視覚というのはなんでもないただの事象だといえる。

 そこに人の感情や思考が作用しているかどうかすら定かではなくて、もうそこには「奇麗だ」とか「この世のものとは思えない」とか「すでに一つの次元誕生だ」というような美辞麗句が並びたてられる。もはやそれは反応(リアクション)であるとすらいえる。化学反応ケミカルリアクションなら、後藤真希さんに対するそれは「ゴマカルリアクションgomakal reaction」と呼べるかもしれない。とかくにごまの世は住みやすい。ごまの世を作ったものは神でもなければ鬼でもない。やはり向う三軒両隣りにちらちらするただの人である。そんな絶対存在であるところの後藤真希さんが下々の者に向けてごっちん日常をお届けしていらっしゃるもったいないごっちんブログ」なるものはご存知かな???「僕は永遠後藤真希さんを愛し続けるだろう」と幼き頃に誓ったとすれば、それに背くことはできないし、そもそもそのはずもないのである。僕はこの世の何がいったいどうなろうとも後藤真希さんを見続ける。それでもここにはまだ倦怠や飽きという言葉もなく、むしろ僕は最近では彼女の顔を見ただけで涙を流すようにまでなった。それがなぜかというのは考えてみたところで結局わからないし、だいたいが理由なんてものは犬のエサにもならないことのほうが多いのだ。

 理由があって結果があるのではなく、ごっちんがあって僕の生きる世がある。僕のように後藤真希さんの存在にあてられてしまうような弱い人間は(他の方はおそらくもっと強い人間だから後藤真希さんにメロメロになることはないのでしょう)、なにか考えたり躊躇するというような浅ましいマネはできないのだ。僕はゆるい傾斜の続くこの勾配をただ転がり続ける。そういうわけで僕はこの日記タイトルをトリッコロールとしてみた。そのうちカリフォルニア真希(巻き)的な欧米風人気を獲得していきたいと存じ上げる。ごっちんラブ。

RosieRosie2012/09/20 20:02That's the tihnking of a creative mind

bfwvozvzbfwvozvz2012/09/21 04:19Hkcw9V <a href="http://derfjwphwwjm.com/">derfjwphwwjm</a>

dhfdpedhfdpe2012/09/22 10:44e7bkf9 , [url=http://cuxfgddtjxtx.com/]cuxfgddtjxtx[/url], [link=http://qmyjrsrqovvh.com/]qmyjrsrqovvh[/link], http://lrtdmjccufzb.com/

yfmuoaixryfmuoaixr2012/09/23 02:35s39BqM <a href="http://bqykyajvcqxf.com/">bqykyajvcqxf</a>

triimgdebpxtriimgdebpx2012/09/23 16:09Ah3MNT , [url=http://yssdnsloohzs.com/]yssdnsloohzs[/url], [link=http://lamuryoelmox.com/]lamuryoelmox[/link], http://yccanwsqqhtb.com/