叫ぶ詩吟の会

|

2007-09-07

真野ちゃんといらいらする 02:06

ふっちくんは僕が素敵な結婚すると書いてくれているけど、お門違いというか僕は結婚願望という奴が全くと言っていいほどない。ついこの前、8月30日が僕の誕生日だった。その週の土曜日彼女富士急ハイランドに遊びに行く約束していた。だけど、当然のように突然仕事が入ってきて、結局いつものようにその日も会うことが出来なくなった。彼女にそのことを告げると、次会ったときにお互いの今後について話そう、そんな風なことを言われた。全部はタイミングだ。きっと全てが重なってしまったんだ。僕の誕生日、お互いの年齢、遊べない週末、今までの裏切り、そんな欠片が綺麗に枠の中に収まってしまった。何もかも瓦解した彼女からは、今までの想いが涙や鼻水と一緒にぐちょぐちょに吐き出された。自分っていう男の人間としての軽さは重々認識しているつもりだ。それでも彼女の口から叩きつけられた言葉全てが鈍くて、鋭くて、ショックだった。嬉しいなんてちっとも思わなかった。彼女の想いがショックだった。自己陶酔でもなんでもなく僕はどこまでもダメ人間だ。クソみてえな嘘吐きだ。腐ったミダス王みたいに出てくる言葉行動ぜんぶが嘘になる。彼女幸せにする自信もなければ、彼女が僕と一緒になって幸せになれるとも思えなかった。どうしていいかわからなくて別れ話を切り出した。彼女赤ちゃんのようにただただ泣いていた。僕も赤ちゃんのようにただただ何も出来ずにいた。過呼吸を起こした彼女の横にいる自分の空虚さに涙が出た。それでも僕は結婚なんて考えらない。少しの間考えさせて、とまた嘘が出た。人生で誰かに悩みを打ち明けたり、その逆はたくさんあったけど相談をしたりすることはなかったと思う。男友達は「したくなければしなければいい」と言う。それもそうだ。女友達は「都合のいいように扱ってきて、あんたは今まで彼女になにをしてあげたの」と言う。何をしてあげた。何をしてあげた? 世界中のカップルや夫婦はみんなこの答えを知っているんだろうか。既婚者には、同居がまず考えられないと言った。「同居なんて言っているうちは絶対にダメ。同居と同棲は全く違う」と鼻で笑われた。また別の友達はこう言った。「結局キミは相手のこと、他人のことどころか自分の人生さえ真剣に考えていなかったんだよ」、全くそのとおりだ。全部を誤魔化してきた。目の前のものがハッキリ見えないように全てをぼやかして来た。子供の頃から唯一の特技だ。それでもいつかは答えを出さなければいけないときがくる。霧がかかっているだけで、ソイツは今も僕の後ろに張り付いている。そろそろ、好きだっていう気持ちだけでは空気を吸えなくなるときがやってくる。そんな妄想を昨日思いついた。

だから石川さん結婚相手はふっちくんでも誰でもいい。僕は真野ちゃんの彼氏になれればそれでいい。あ、これ推し変日記です。

2007-08-26

石川さんと本当に唄がうまくなった石川さん 01:59


音楽ガッタス音楽ガッタス音楽ガッタス。3回呟いてみた、恋☆カナ? 僕はDDと呼ばれてはいますが、基本的にはDDD(誰でも大好き……でも石川さんはもっと好きです!)な人間であり、久方ぶりにギュオーンギュオーンッッッ!!!!!!と頭の中で石川エマージェンシー警報セコムを呼び出しているのです。なんつーか、あれだね、なんつーか……やったぜ!!!!という感想ですね。もうホント、つんく♂やったぜ!!!!! 音楽ガッタスという、語尾に(仮)がついてしまいそうなユニット名に絶望した僕は一時期アイドリング!に流れかけたのですが、浪漫 ~MY DEAR BOY~に似ているよねで御馴染みのPVを見た瞬間に部屋の窓を開け、そこから飛び降り、同じ作業を繰り返して5回輪廻転生して戻ってまいりました。

とにかくだ、とにかく石川さん自由だ。フリーダム石川だ。自由の国オランダだ。フリーセックス石川だ。色々な呪縛から解き放たれた石川さんが全身から喜びとやる気を発散させている。こんな石川さんをまた見れる日が来るなんて……ごめん、ちょっと泣いてくる。(二日間プライベートモードの理由)そしてその横には当然のように吉澤さん石川さんといえば吉澤さん吉澤さんといえば石川さん。今こそ言いたい、GAMナンボのもんじゃい!といしよし原理主義の私は言いたい!!! そう言えば(それでも松浦亜弥1stアルバムより)、石川さん吉澤さんが同じユニットにいること自体久しぶりだ。いしよしに飢えすぎてお腹と背中がくっつくどころか裏返ってメビウスの輪を描き、宇宙の真理を悟りそうになった頃に飛び込んできた、そう! 音楽ガッタス!!!! GOOLいやCOOLCOOOLCOOOOL!!!! 現在、はしゃぎすぎたと反省しています。でも吉澤さんも最高にカッコイイよね。吉澤さんからもこのユニットで売れてやるんだ!くらいの熱い気概を感じる。だって明らかに娘。時代よりもダンスのキレがいいもの。しかし、大恋愛が始まるようなインスピレーション、まさに王子と姫ねなんて言いすぎでしょう、いや言いすぎじゃない!!!! 石川さん吉澤さんが並んだときのこの無敵感はなんと例えればいいのでしょう、そう無敵よろしく紺野さんと例えればいいんじゃないでしょうかお客さん!!!!!! だってこんこんが復活したんだもん! だってこんこんが相変わらずカワイイんだもん! だって、だって、だってのんちゃん太陽の妻じゃないか!!!!! 我等がこんこんガッタスのゴールという家に帰ってきた! もうそれだけでなにもいらない。石川さん紺野さんが一緒にいるなんて……うーんMOURETU!!!!! ちなみに僕は素面でお送りしています・_・

そしてこのユニットには昔はエッグで一番好きだったよa.k.a.のっちが所属している。PVから伝わってくるのっちエゴイストっぷりったらボールを持ったときの流川並みです。桃子姉さんクラスガッツアイドルがいるのは実に頼もしい。あと、コレティがPVにサブリミナル的に映る度に「ダダダダウト!!!」と言いそうになって口を両手で押さえる萌え萌え男子な僕がいます。ANDムッチぃが超可愛くなってるのにはマジでバビった! もう一度言うとマジデバビデブー(亀井さんに教えたら使ってくれそう)! もう一人カワイイなあと思う子がいたんだけど仙石みなみさんなのか澤田由梨さんなのかわからないので、村田さんラジオ聴いたらセンゴクちゃんの声が可愛かったのでヤンマガで絶賛連載中のセンゴクちゃんも推してゆきたいです。

そんな僕のためのユニットに(このユニットにもしも後藤さんとりーちゃんがいたら「もう恋なんてしないなんて言わないよ絶対」と元カノ電話していた)、最早ハロプロNO.1の売れっ子、巷で噂のバカ田さんが参加しているんだから売れても何等オカシクはない。いやマジでメロディーも良いわ、歌詞も良いわ、アレンジも良いわ、ダンスもサタデーナイトだわめちゃホリだわ中居君だわALL FOR ONE & ONE FOR ALLだわで完全無欠の大傑作でしょう”鳴り始めた恋のBELL!!! ……あ! シマッタ、マノチャンニツイテカクノヲワスレテタ(映画初出演時の石川さんレベル棒読みで)。尋常じゃない勢いでこの曲をリスペクトしている私は、ハロプロに何等興味のない友人いわゆるハロプロ童貞どもにも、どんなに凍てつく視線で見つめられようが一歩も引くことなくプッシュし続けています。その中の一人が音楽ガッタスのPVを見たのですが、なんとその友人は事前情報一切なしで「真野恵里菜って子カワイイね」と自ら調べ上げて真野ちゃんの魅力に殺されてしまったのです。友人が言うには多部ちゃん(多部未華子さん=二度手間)に似ていると言うのですが、僕はピエールさんがハロプロの誰某は誰某に似ていると書かれる度におおおおおお俺も思ってたあああああああ!!!!!と驚嘆する人間なので、今回ばっかりはお先に失礼しますが、宮崎あおい様にクリソツと書いてそっくりだと思います。なんでモッシュさんとかいうオサレ野郎が真野ちゃんの虜にならないのか理解し難いです。正直無理さんのサイトリンク張ったら、そこのコメントに『ロケットパンツ→面白い。ハロプロテイン→面白い。relax oneself→クソサイト。読む価値無し。』 と書かれていて自演だと思われたらどうしようと脅えています。

要するに真野ちゃんはすごい。誰かが真野ちゃんの名前を出すたびに「俺だけの真野ちゃん!」とウンコ投げつけたくなりますが(baby portable rock !さんのコメントも俺じゃねえぞ!)、そこら辺の分かり合えやしないってことだけを分かり合うのさスタンス石川ヲタに通じるものを感じます。だからヘッド博士の世界塔にバックがなったのです。そういう意味です。タナソー的レビューを書くはずだったんですが無理だったので、タナソーが作ったと言われる『渋谷系』という言葉で終わらせて頂きます。なむさん。

やっぱり紺野さんがいなくちゃいやだ。

superartlifesuperartlife2007/08/27 09:43真野ちゃんは俺が好き

shibuishibui2007/08/27 13:25↑アンチモッシュさんな人(推定1人)は、こういったカキコを見て発狂しているのでしょうか。

erohi69erohi692007/09/08 02:09>superartlife
モッシュは童貞。

>shibui
ヲチスレのモッシュさん関連の書き込みは全部僕でした。

2007-08-23

石川さんミュージカルブレイクビーツの件は口口口の引用 01:05

天才小紅が動画で大暴れ。小紅さんが天下を取ると投げやりな紹介をしてから1年足らずで一気に遠い人になってしまった。それでも小紅さんの文章はもっと評価されるべきだと思う。僕は文を読むとき内容や構成よりも、語感やテンポや繋ぎを楽しむ人間で、とにかく句読点や行間に無駄に殺されることなく衝動的なハロプロ愛が躍動している文章に興奮してしまう。僕が読んでいるハロプロテキサイで小紅さんと同じ感覚を持っているのはファンク☆マンさん(”べつにいいんだけど、真野恵里菜っちん”さんの接続詞を極力省いた流麗な文章も圧倒的でロマンチックだけど、色気が異なる)。もちろん、同じグループに所属していてもベクトルは違う。小紅さんのほうがブレイクビーツよりで、ファンク☆マンさんのほうがミュージカルよりだ。ミュージカル的といえば、狼のスレで、色々なサイトに紹介文を書いて下さっている奇特な方がいらっしゃるのだけど、その人が”はてなテレビの土踏まず”さんを紹介した文が秀逸で「この方の凄い所は常に新しい視点とツールを探し、使いこなしていく事。一つの事に凝り固まらずに、結果的に面白い文章を書き続けるテキスト職人。(正直無理さんより)」まさにこれ。ピエールさんの書く文章は徹頭徹尾隙がなく、一つの目的のために全ての言葉が淀みなくバトンを渡し合う絶対像的な美しさがある。それでいて、その文章力や確固たるスタイルに甘えることなく、自分自身を常にイノベート(それが意図的なのか結果的なのかはしらないけど)し続けるストイックな姿勢こそが、ピエールさんがチャンピオンベルトを巻き続ける理由だ。ちなみにこの紹介人さんによる僕のサイト感想が、マジで『感想』丸出しだったので超嬉しい。僕もピエールさんのアンテナコメント文に憧れて、全サイトの一言コメントにその昔挑戦したことがあるのだけど、20個あたりで挫折したので、この人は凄いなあと鼻水たらしながら尊敬しています。そんなピエールさんも大絶賛の”鳴り始めた恋のBELL”が超絶素晴らしい(PVも私的今年度NO.1!!!!)。ユニット名のテケトーぶりに距離を置いていたいが、こいつは久しぶりに野郎(例の金髪グラサン)本気だなと涎を垂らしました。本当は小紅さんやピエールさんを褒めてるふりして、この曲を賞賛しようと思っていたのに、熱くなってきて長くなってしまったので、次回の更新で僕のタナソー魂を見せ付けてやりたいと思います。

2007-08-14

石川さんとふっち君に皆殺しにされたくない 22:31

僕は決して忘れないだろう。あの日、あの時、あの言葉、あの声、あの顔を───僕とシヴイさんが出会ったのは上野駅の不忍改札口前だった。若干緊張していた僕は拙い会話もそこそこにシヴイさんをハロショへと急かせた。対人恐怖症である僕は2時間以上初対面の人と同じ空間を過ごしてしまうと、その人の肛門をペロンチョしてしまう病癖を持っている。もしもハロプロカリスマブロガー(カタカナが多くてカッコイイ)であるシヴイさんの肛門をペロンチョしてしまったら、ハロプロカリスマブログに根も葉もないことを書かれかねないと怯えていた。実際はサッカー日本代表戦を見たかったから一刻も早く帰りたかった。とにかく帰りたかったので、とっとと昼飯を食べることにした。場所はマクドナルドだ。マクドナルドを選んだ理由は、ファーストフードで有名だからだ(ファーストフードってすげぇー100メートル速そうだから)。シヴイさんと僕はメガマックウッドストック、果てにはラブ&ピースについて語り合っていた。そういえば、シヴイさんはどことなくジョンレノンに似ていた。でもヤクルト宮本の方が似ていた。シヴイさんと僕はM2(メガマック童貞を捨てようと団結し、その2秒後に僕はてりやきマックバーガーを頼んでいた。シヴイさんは僕の言葉を信じて一人でメガマックと悪戦苦闘していた。僕はそれをただただ眺めていた。今思えば、この時点でカリスマブロガーであるシヴイさんの逆鱗に触れてしまっていたのかもしれない。僕らはマック喫煙席で、周りの客の凍てつく視線を受け流し、フロア中に響き渡る声でハロプロテキストについて語り合っていた。シヴイさんが言う、「ロケットパンツの人気はすごいですね」。僕は言う、「いやいやそんなことないですよ」。シヴイさん「どこに行ってもロケットパンツが面白いって言われるんですよ」僕「いやいやそんなことないですよ」シヴイロケットパンツってポップでキュートでおしゃれですもんね」エロ火「いやいやそんなことないですよ」「エロ火さんってポップでキュートでおしゃれですもんね」「いやいやそんなことないですよ」「エロ火はポップでキュートでおしゃれ……プププ」

シヴイは僕の顔面、身形、家族構成、守護霊、来世を見通して、今まで以上にはっきりとした口調で言った。

「ポップでキュートでおしゃれ……プププポポポピイイイイイイッッッ!!!!!!」

アフリカの奥地に伝わる歓喜の舞を踏みながらシヴイは口から紫色の泡を吹き笑い死んだ。僕はお母さんに買ってもらったアディダスのシャツとフリーサイズのズボンに赤い涙を染み込ませながら、ザリガニみたいにビクついているシヴイの50000円はするであろうメガネレンズを叩き割り、その二つの枠にメガマックをギュウギュウに押し込んだ。メガマックを装着したシヴイさんはラジオスターの悲劇のジャケットそっくりな顔をしていた。そしてシヴイさんの肛門をペロンチョして、そそくさと家路をたどった。家に帰った僕はお母さんの胸の中で泣きつかれて眠り、そのまま朝を迎えた。お母さんが言うには、寝言VERY BEAUTYの初っ端のフレーズ「また鏡を見つめてる、ああどうしてこんな顔よ、明日の朝目が覚めたときには美しくなってたらいいな」を繰り返し呟いていたという。

2007-08-13

石川さんと面白いハロプロ系のブログをあげるスレで褒められる俺 23:06

ここに書いても届かないかもしれないけど、ロケットパンツ更新できない状態にあります。パソコンが壊れてしまって、更新するためのパスワードがわからないのです。現在は妹のパソコンを使って遊んでいます。直せる環境が整ったら更新したいと思います。だからみんなが気になって辛抱たまらんハロプロ楽曲大賞PV部門とアルバム部門をシヴイズムで大発表しちゃうんです。

PV部門

3位:恋のバカンス

イントロ前のオープニングからして凡百のPVとは一線を画する仕上がり。80年代風のタイトルと薄暗がりの雑木林の中に異彩を放つカプセル二つ、その上空を機械音を伴なった発光体が佇む。エド・ウッドみたいな安い沈黙を宿す映像の中、小気味良いドラミングが深い眠りについていた辻ちゃん加護ちゃんを叩き起こす。そして見知らぬ土地で目覚めた二人は当然のように手を繋ぎ恐怖も理解も越えて、顔を合わせた瞬間に余裕のダブルピース! かっちょえええ!!!!! 辻ちゃん加護ちゃんは世界にたった二人きりなのだ! 世界VS僕なんかではなくて、世界=辻ちゃん加護ちゃん←僕なのだ。決定的に異なった二人でありながら、絶対的に重なり合う二人は、フラッシュが瞬くたびにポジションが換わったり、辻ちゃん加護ちゃんになり、加護ちゃん辻ちゃんになってしまう。つまり世界=(辻ちゃん加護ちゃん辻ちゃん加護ちゃん)である。しかもそんな辻ちゃん加護ちゃんを、テレビの外にいる辻ちゃん加護ちゃん首をかしげて眺めている。そう、ここで気づくのだ。TVの中にいるのは辻ちゃん加護ちゃんではなく、辻ちゃん加護ちゃんを見つめてオーヴァードライブする僕の(=)世界である。要するに(世界=僕)←辻ちゃん加護ちゃんである。辻ちゃん加護ちゃんの世界を眺めているはずだったが、実際は辻ちゃん加護ちゃんの世界に僕自身が閉じ込められてしまったのだ。だからこそあのオープニングが真であり、異世界から降り立った二人はこの『世界』をダブルユーという名前で塗り潰してしまう。つまりセカイ系辻ちゃん加護ちゃんで終わったのだ。



2位:BABY! 恋にKNOCK OUT!


とにかくスペイシー。宇宙日本プッチモニ木星(?)バック+マグマ噴射+「ハイ!」後藤on the机の場面で銀シャリ五杯はイケる。花畑の中央をスローで突っ切ってくる後藤さんと吉澤さんソロカット。あれ? ヤッスーは!?と明確な差別に怯えていたら、少し間を空けて、存分に時間と戯れながら保田さん君臨。変身ポーズを決めて宇宙戦隊的な(シツレンジャーの原型)モノになってバズーカーぶっ放せばドリフ、股間を突き上げれば花火が打ちあがる、増殖したり、ロケットになって飛んで行ったり……いろいろ書いては見るが、一切言葉が繋がらない。実は”ワルツ! アヒルが3羽”を聴いて作ったんじゃねえのかってくらいデタラメ物語や詩よりも、純粋な音の感覚を重視し、感性を視覚化した傑作。辻川幸一郎は間違いなくインスパイアされているであろうWonderwordなPV(まあ実際はケミカルのStar Guitarだろうけど)。つーか後藤さんと吉澤さんの可愛さが絶頂を越えて涅槃の域に達している。こんなゴットユニット売れないわけがない。



1位:おっととっと夏だぜ!


青春のSUNRISE”の、てめえが頑張れやぁと言わざるを得ない土下座ユウキインストラクター真顔ユウキは非常に捨てがたいが、”おっととっと夏だぜ!”の凶悪なまでのサンプリングっぷりをここでは評価したい。いや嘘をついた。本当の本当は心からそんなことはどうでもよくて、ただ単にユウキが増殖してこちらに迫ってくるThis is 馬鹿なシーンが大好物だからだ。Aphex TwinのCome to Daddyがクリープにすら感じる、この途方も無いDon't think.FEEL!ぶりはどうだ。顔面の隅から隅までハッピーで埋め尽くされている。ここでいうハッピーとは、世界の終わりを知った人間が開き直っちゃたときに見れるアレのことだ。そんな、毛穴から万国旗ヤロウが大量の花火を背に「Do dat Do dat Do Do Do Do dat!!!」とか抜かしながら迫ってくるヘヴン映像だけでハロプロ楽曲大賞1997-2006の1位に選ばさせて頂きました。


疲れたのでアルバム部門はまた今度書きます。

|