Hatena::Groupshibuism

女囚かしまし物語 ~27歳の恋なんて~ このページをアンテナに追加

2008-01-30

[]ハロプロコンサートに行ってきました ハロプロコンサートに行ってきました - 女囚かしまし物語 ~27歳の恋なんて~ を含むブックマーク はてなブックマーク - ハロプロコンサートに行ってきました - 女囚かしまし物語 ~27歳の恋なんて~ ハロプロコンサートに行ってきました - 女囚かしまし物語 ~27歳の恋なんて~ のブックマークコメント

26日の、土曜日の方です。


コンサートを観る時は一人ファミリー席の事が多いので、今回もそのようにしたのですが、ハロプロ観察さんとしては、席の配置が例年の冬ハロコンさんと違っていて、2階のスタンド席に多く配置されていたファミリー席が、今年は3階に多かったという事について、触れない訳にはいかないでしょう。


ところで、3階スタンド席の端の方には、壁のところにモニターが設置されているのですが、それがスクリーンと呼ぶには小さく、テレビ(“ふつう”の部屋にあるような)と呼ぶには大きいサイズで、ちょうど私の席はそれを観るのにちょうど良い位置にあったので、友人の家のホームシアターでライブDVDを観るような感じで、そのモニターを見ていたのでした。


1月の頭くらいに、たかぎくんから「新しいの買ったから」と、数々の会場で須藤茉麻ちゃんを見続けたという曰く付きのドンキホーテとかで安売りしているような双眼をもらっていたのですが、うまくピントの調節ができなかったのと、物理的にか霊的にか、何か妙に重かったので、実際は中澤さんや安倍さん。ひな壇のサキチィたちを観る時に少し使っただけでした。


なんとなく眺めていると、衝撃的な発表があり、保田さんが賞を取っていました。賞を取ると何かを歌うという趣向なのか、全てのグループ/ユニット/ソロが、何かの賞を獲得していました。保田さんが何を歌うのか、楽しみにしていたら、なんと乙女の心理学でした。


私も直接生で見たわけではないので、古参ぶるのはどうかなと思うのですが、やはりあの曲は市井さんと保田さんで歌ってこそのものではないかという気持ちがあります。まあ、カバーとかで歌う分には良いと思いますが、一緒に歌う相手がよりにもよって矢口さんというのが、個人的に少し残念でした。せめて前髪くらいは揃えてもらわないと、と、気に食わなかったです。


いちばん印象的だったのは、安倍さんと矢島さんの「16歳の恋なんて」でした。安倍さんは年齢的にはひとつ上ですけど、学年でいうと一緒なので、その安倍さんがああいう歌を歌っているというのは、何とも言えないものがあります。でも、なっちも矢島さんも可愛かったなあ。26歳の恋愛は焦りたく感じも無くはないけど、焦ってもあんまりいい事はなさそうなので難しいところではあるよね。みたいな。そんな感じなのかな。なっちはいくつになってもなっちだったけど、笑うとやっぱり26歳だなと思ってしまってすいません。私もどちらかと言うと童顔だと言われることが多いけれど、やっぱり26歳だなあと思ってしまいます……。

poco222poco2222008/01/31 01:41僕はいいので℃太郎さんに謝ってください。℃太郎さんはひと一倍自尊心が強いので、女ヲタに無視されるのはとても辛いと言っていました。

2007-11-12

[] 12:49 2007-11-12 - 女囚かしまし物語 ~27歳の恋なんて~ を含むブックマーク 2007-11-12 - 女囚かしまし物語 ~27歳の恋なんて~ のブックマークコメント

うろ子「バスツアー!(挨拶)」

たかぎ「千秋楽!(挨拶)」

うろ子「!!!」

たかぎ「ちょっと変えてみた」

うろ子「なんか、すごかったみたいだね」

たかぎ「そう、茉麻がすごい丸かった」

うろ子「…」

たかぎ「いや、まあそれは目の錯覚だけど、カーテンコールが終わった後で2回でてきた」

うろ子「へえ」

たかぎ「いやあ、あれだね。そんなにいろいろとライブとか行く方じゃないからさ」

うろ子「うん」

たかぎ「ああいうのって丹下桜のファイナルコンサートで観た以来くらいで」

うろ子「へえ」

たかぎ「用意してないアンコールで出てくるっていう心意気というか」

うろ子「ああ、普通のアンコールは、もうセットリストに入っちゃってるからね」

たかぎ「そうそう」

うろ子「で、書記さんはどうだったの」

たかぎ「ちょっと丸かったのと、『まるごと』のときみたいに感極まってたのとか以外は、いつも通りだったよ」

うろ子「MCとかも?」

たかぎ「茉麻っ気むんむんだったね」

うろ子「そっか」

うろ子「良かったね。って言っていいのかな」

たかぎ「もちろん」

うろ子「茉麻ちゃんがアニメおたくじゃなくなっちゃうけど、それとかはどうなの?」

たかぎ「だいぶ昔からそういう雰囲気はあるけど、それが理由で好きになったわけじゃないからねえ」

うろ子「なるほどねえ」

たかぎ「一番アニメおたくっぽいと思ったところは、倉増さんと生徒会長が写メを撮るところで」

うろ子「うん」

たかぎ「副会長が、倉増さんだけ撮ろうとしたり、電話に出たり、生徒会長が倉増さんから離れていったりするときに」

たかぎ「「なんで離れるんですか」とか「(電話に)出なくていいですから」って敬語なところと」

うろ子「うん」

たかぎ「最後の方で、徳永と二人で資料室にいるシーンで「カール・ルイスさんとソクラテスさんは何でこんなことをしたんだろう」っていうときの」

たかぎ「胸像を「さん」付けで呼ぶところ」

うろ子「ああ」

たかぎ「この2つは、すごいいい感じだった」

うろ子「他は?」

たかぎ「まあ、菅谷は当然として、熊井生徒会長も含めたそれ以外のキャラクターだと一番裏側の設定が活きてる感じなんじゃないかなあと」

うろ子「へえ」

たかぎ「あと、茉麻らしいなあと思ったのは、熊井ちゃんと競歩の練習をするシーンで、首にタオルをかけてるんだけど」

うろ子「うん」

たかぎ「そのシーンで、熊井ちゃんは「3年B組 熊井友理奈」って書いてあるのに「 年 組 須藤茉麻」としか書いてなくて、そんなの月組でも星組でもなんでも適当に書いておけばいいのにさあ」

うろ子「うん」

たかぎ「リアルの“須藤茉麻”を推測される可能性を考えてるのか分からないけど、舞台上の生徒会書記:須藤茉麻の性格からいったら、学年と組は書く方が分かりやすいじゃない。それを書かないっていうところが、すごい茉麻っぽいというか。本当に変なところに気がつくというか、気を使うというか、頭がいいというか」

うろ子「………褒めすぎ」

たかぎ「まあ、まる1ヶ月くらいにBerryzのステージが無かったから、その反動で……」

うろ子「まあ、いいけどね!」

たかぎ「何そのビックリマーク!」

2007-11-09話しの合わない ヤボったい男だったわ

[]1 04:13 1 - 女囚かしまし物語 ~27歳の恋なんて~ を含むブックマーク はてなブックマーク - 1 - 女囚かしまし物語 ~27歳の恋なんて~ 1 - 女囚かしまし物語 ~27歳の恋なんて~ のブックマークコメント

うろ子「バスツアー!(挨拶)」

たかぎ「バスツアー!(挨拶)」

うろ子「ゲキハロって、どんな感じだった?」

たかぎ「須藤の話だった」

うろ子「それは、発表されてるあらすじとだいぶ違ってるよね」

たかぎ「まあ、主役は須藤じゃないけど、須藤の話だった」

うろ子「話半分に聞くとしても、そこまで言うってことは、あながち間違ってもなさそうだね」

たかぎ「話すと長くなるけど、内容の話はあんまりしない方がいいでしょ?」

うろ子「うーん…」

たかぎ「まあ、そろそろこっちも仕事落ち着くから、そのときに飲みながら話すよ」

うろ子「そうだね………」

たかぎ「その三点リーダはどういう意味?」

うろ子「私もちょっと最近忙しくて」

たかぎ「ああ、平日に行けたらゲキハロ行くかもって言ってたのに、結局まだ見れてないんだもんね」

うろ子「そう、日曜の夜は空いてるんだけど、チケットが無いし、オークションだと高いし」

たかぎ「℃界隈さんの、キューティー青年館物語*1みたいなことがおこればサプライズ参戦できるのにね」

うろ子「(www

うろ子「たかぎくんのチケットちょーだい」

たかぎ「……」

うろ子「冗談だよ」

たかぎ「分かってるよ」

うろ子「怒った?」

たかぎ「いや、別に」

うろ子「ごめん、怒ってる」

たかぎ「何ていうか、あげてもあげなくてもダメみたいな要求は厳しいよ」

うろ子「ごめん。自然的に…」

たかぎ「ジェンダーがどうとか言う気はないけど、これだから女ヲタは強いんだよなあ……」

うろ子「いやいや、そんなつもりは無いよ。ごめんって」

たかぎ「まあいいけど」

うろ子「うん。私がポエムを書くネタにするよりも、千秋楽の茉麻ちゃんをたかぎくんが見てエナジイを燃やす方が良いと思うし」

たかぎ「幸福論?」

うろ子「うん。」

たかぎ「「論」は嫌いだって言ってなかった」

うろ子「あんまり調子に乗ってると、本気で怒るよ」

たかぎ「ごめんなさい」


[]2 04:19 2 - 女囚かしまし物語 ~27歳の恋なんて~ を含むブックマーク はてなブックマーク - 2 - 女囚かしまし物語 ~27歳の恋なんて~ 2 - 女囚かしまし物語 ~27歳の恋なんて~ のブックマークコメント

たかぎ「ところでさあ」

うろ子「ん?」

たかぎ「Berryzの新曲PVが公開されたね」

うろ子「どこ?」

たかぎ「::: Dohhh UP! :::

http://www.dohhhup.com/movie/W4isxf8V2Dn1znHyjYZLI7r4YTbSn9xX/view.php

うろ子「お、ちょっと見てくる」

たかぎ「御意」

~~~~~~~~~~~~~~

うろ子「今度は竹取物語がどうとかって書くのが流行るの?」

たかぎ「さあ……」

うろ子「狼的に話題になりそうなことを言うなら、みやびちゃんが目立ってたって感じかな」

たかぎ「その心は?」

うろ子「ずっと大きな三日月が映ってる!」

たかぎ「ギャフン!」

うろ子「なにそれ」

たかぎ「一度言ってみたかった」

うろ子「もう20回くらい聞いた」

たかぎ「ごめんなさい」

うろ子「うむ」

たかぎ「でも、あれだよね」

うろ子「なに?」

たかぎ「昔はさ、ハピネスで幸福を歓迎してた頃は、電車で飛んでいったわけじゃない」

うろ子「そうだね」

たかぎ「笑っちゃおうよBOY FRIENDでは、傘を持って降ってきたり」

うろ子「うん」

たかぎ「それが自力で飛んでいるわけですよ」

うろ子「うん」

たかぎ「いや、それだけなんだけど」

うろ子「月の欠けた部分が舞波だとか、振り付けがパッションでE-CHA E-CHAだとか言えば売れっ子テキサイさんになれるのに」

たかぎ「須藤が丸くて白いのに、他に何も要らないよ。良い曲だし、振りもいいし」

うろ子「どのへんがいいの?」

たかぎ「感想のところのコーラスをずっと須藤が歌ってるところとか、あとは、指差しで爆レスがね」

うろ子「本気で言ってる?」

たかぎ「いや、別に……」

うろ子「ゲキハロ自慢?」

たかぎ「そういう風にとられると困るなあ」

うろ子「まあ良いけど」


[]3 04:19 3 - 女囚かしまし物語 ~27歳の恋なんて~ を含むブックマーク はてなブックマーク - 3 - 女囚かしまし物語 ~27歳の恋なんて~ 3 - 女囚かしまし物語 ~27歳の恋なんて~ のブックマークコメント

うろ子「それにしても、これはすごいPVだね」

たかぎ「どういう意味で?」

うろ子「だって、竹取物語って、男の人がかぐや姫に求婚を迫って、断って天に帰る歌でしょ」

たかぎ「うん」

うろ子「それなのに、この歌の歌詞は全然違うじゃん」

たかぎ「ああ、確かに」

うろ子「これ組み合わせたら、付き合ってても「片思いか」*2って疑問を持つくらいに不満を持ってるわけでしょ」

たかぎ「そうだね」

うろ子「まあ、それが楽しいっていうのもあるんだけど」

たかぎ「へえ」

うろ子「で、最後に空を飛んでるから、あれを旅立ちみたいに見てたら、すごい変な歌というか、お別れの歌になるし」

たかぎ「うん」

うろ子「でも、最後に7人で並んでるところは、月の感じが三日月っぽく見えないよね」

たかぎ「ああ、言われてみれば」

うろ子「かぐや姫は満月の夜に帰ったわけだから、PVのコンセプトとしてはそれに合わせたのかもしれないけど、歌の内容と照らし合わせると違ってくるっていう」

たかぎ「なるほど」

うろ子「だからね、私は、これをオトメンの歌だと思うの」

たかぎ「漫画の?」

うろ子「そう。で、相手は腐女子っ気がある」

たかぎ「……」

うろ子「ちょっとこの歌詞を考えて。「乙女心って複雑 尽くしてるのって燃えるの」これも、オトメンだったら無理が無いじゃない」

たかぎ「…………」

うろ子「「優しい顔 してても 男の子なんて わかんない」ここだって、その女の子が優しい顔をしているけど、男の子である私のことなんて分かってくれないっていう意味にも取れるじゃない」

たかぎ「はい」

うろ子「だから、これはオトメンが、なかなか振り向いてくれないちょっと夢見がちで可愛い子を見るのが好きな女の子に恋をしている歌、それで、オトメンの願いも空しく、その子は天に帰ってしまう。どう?」

たかぎ「なんだってー!」

うろ子「MMRじゃなくて、オトメンだって」

たかぎ「あれは?付き合ってるの「付き」と「月」のダジャレみたいな」

うろ子「だから、竹取物語と「つき」だけは共通してる、合ってるけど、片思いを歌った歌。みたいな」

うろ子「うーん」

たかぎ「ごめん、自分でもよく分かってない」

うろ子「じゃあ、PVでたら、うちの大きなテレビで一緒に見ようよ」

たかぎ「ああ、良いかもね」

2007-10-30あなたのいちばん きらいなタイプだった

[]1 08:54 1 - 女囚かしまし物語 ~27歳の恋なんて~ を含むブックマーク はてなブックマーク - 1 - 女囚かしまし物語 ~27歳の恋なんて~ 1 - 女囚かしまし物語 ~27歳の恋なんて~ のブックマークコメント

うろ子「ねえねえ、たかぎくん」

たかぎ「なぁに?」

うろ子「…」

たかぎ「……?」

うろ子「ううん、何でもない」

たかぎ「気になる」

うろ子「なんでもない」

たかぎ「気になる」

うろ子「地球温暖化って知ってる?」

たかぎ「なにこの3週間遅れの文化祭というか2年遅れのふれあいコンみたいなやりとり

うろ子「疲れたの」

たかぎ「ポエム疲れ?」

うろ子「仕事とかポエムとか。もう、むずしいセリフ禁止!って感じだよ」

たかぎ「水先案内人みたいなことしてたからねえ……」

うろ子「ほんとうだよ。半人前もいいところなのに」

うろ子「なんだっけ、たかぎくんが入ってるファンの人のグループ須藤茉麻百獣兵団だっけ?」

たかぎ「そうだよ」

うろ子「1回会った事があるだけなのに名前を挙げて恐縮だけど、クロコダイルさんみたいに」

たかぎ「うん」

うろ子「昔から全部ずっと見てる人がこういうのをやるべきだと思った」

たかぎ「ああ、黒古代竜さんね。あの人は百獣兵団の中でもトップレベルだから」

うろ子「ほんと、私みたいな半人前がこんなことやるべきじゃなかったよ」

たかぎ「僕も仕事の締め切りと妖怪退治が重なったから*1、相談とかあんまり乗れなくてごめんね」

うろ子「いいよいいよ。それが仕事なんだし……」

うろ子「電話出れなくても、すぐメール返してくれたし」

たかぎ「まあそれくらいは」

うろ子「私も、せめてたかぎくんくらいBerryz℃-uteも生で見てたり歌を聴いたりしてれば、もっとね……」

たかぎ「いやいや、でもうろ子さんなりに、Berryz℃-uteもちゃんと見てる上での話しだから」

うろ子「ああ、せめてたかぎくんくらいって言い方はあれだったね」

たかぎ「ふだんそんな細かいところ突っ込んでないのに、よっぽど疲れたんだね」

うろ子「ああ、そうかも。ディスられ損のくたびれもうけだよ」

たかぎ「でもまあ、黒古代竜さんとかは別格だよ。まさに伝説レベルヲタだからね」

うろ子「たかぎくんもそうなりたいの?」

たかぎ「半分正解で、半分不正解かな」

うろ子「何そのかっこいい言い回し」

たかぎ「一度やってみたかった」

うろ子「わかるー」

たかぎ「Buono!だ(笑)

たかぎ「伝説になりたいわけじゃないけど、あれくらいの見識をもてればなあって思うよ。」

うろ子「長い道のりになりそうだね」

たかぎ「時間的にも距離的にもね」

うろ子「ああああああああ、もうやめてやめて」

たかぎ「ごめん。ほとんどノイローゼみたいだね」

うろ子「取り乱しました」

たかぎ「いや、こっちこそごめん……」

うろ子「伝説

たかぎ「聖剣?」

うろ子「ゼルダ

たかぎ「どうしたの、急に」

うろ子「時のオカルトってサブタイトルを思いついた」

たかぎ「だいぶ重症だね……」

うろ子「(涙」

たかぎ「泣かな~い~で~」

うろ子「タッチひろしだ……」

[]2 08:54 2 - 女囚かしまし物語 ~27歳の恋なんて~ を含むブックマーク はてなブックマーク - 2 - 女囚かしまし物語 ~27歳の恋なんて~ 2 - 女囚かしまし物語 ~27歳の恋なんて~ のブックマークコメント

たかぎ「また取り乱しちゃうかもしれないけど」

うろ子「(震」

たかぎ「キリンジ良かったよ」

うろ子「自信作だったの」

たかぎ「うろ子さんもコンサート行けばいいのに」

うろ子「うーん……。去年のは行ったんだけどね」

たかぎ「まあ、大変かもしれないけど」

たかぎ「うろ子さんが何処かに行くって書けば、会いに来る人とかいるかもよ」

うろ子「……」

たかぎ「ふっちさんとか、シヴイさんが会いたいって」

うろ子「そうなの?」

たかぎ「http://shibuism.g.hatena.ne.jp/bbs/17

うろ子「ほんとだ」

たかぎ「ね?」

うろ子「まあ、機会があれば……。」

たかぎ「そうだ、森林さんが」

うろ子「うん」

たかぎ「「ウロボロス子さんの最近のお米事情が気になります。」って」

うろ子「どういう意味?」

たかぎ「花見で会ったときに、最近太ってきたからお米を食べる量ちょっと減らさないとって」

たかぎ「言ってたじゃん。それを思い出したらしい」

うろ子「(www

うろ子「夏はちょっとバテたりしたのもあって、少し痩せました」

うろ子「とだけ言っておきます」

たかぎ「はい」

うろ子「夏はそうめんとかをよく食べました」

うろ子「そういえば、たかぎくん」

たかぎ「ん?」

うろ子「最近重くなった?」

たかぎ「……」

うろ子「コンサートが無くなると太るって、だいぶあれだね…」

たかぎ「Berryz以外のもたまに行くけど、やっぱりね……」

たかぎ「俺は他のも色々見るぜ。みたいな空気を出してしまってすいません……」

うろ子「この間も何か行ってたよね」

たかぎ「Aice5とかね」

うろ子「この前久しぶりにたかぎくんの家に遊びに行ったら」

うろ子「急に、これいいよって」

たかぎ「「Get Back」が名曲すぎて」

たかぎ「今更ではあるけど(苦笑)」

たかぎ「Buono!とか聴いてたら、一緒のプレイリストに入れててしっくりくるかなと思ったというか」

たかぎ「やっぱりライブの方が迫力有ったけど」

うろ子「へえ……。私は「Smile」が良かったな」

たかぎ「橋本由香里先生だね」

うろ子「ああー。歌詞とか沁みるよね」

うろ子「ちょっと精神的に疲れてたから」

たかぎ「……うろ子さんさあ」

うろ子「なあに?」

たかぎ「なんだっけ、付き合ってる相手はいないけど、好きな人はいるって言ってたじゃん」

うろ子「どうしたの急に」

たかぎ「いや、「Smile」が沁みるってのが」

たかぎ「なんとなく気になった」

うろ子「……」

うろ子「深い意味はないよっ!」

うろ子「CDありがと。」

たかぎ「いえいえ」

*1システム営業をしながら妖怪退治の仕事をしています

2007-10-22桜が散る頃に 偶然会いましょう

[][][]人として時空がぶれている 08:01 人として時空がぶれている - 女囚かしまし物語 ~27歳の恋なんて~ を含むブックマーク はてなブックマーク - 人として時空がぶれている - 女囚かしまし物語 ~27歳の恋なんて~ 人として時空がぶれている - 女囚かしまし物語 ~27歳の恋なんて~ のブックマークコメント

( Berryz「空間」×℃-ute「時間」 について)

神であれと叫びながら

斧で少女に刻み込む

時間の二文字が植えつける

カイロスクロノス


文献を掘り返す史学者

文字に振り回されるのは何度目

自分で埋めた石器を拾い名前を売った考古学

真実を見ずに踊るのは何度目


石の中に彫刻を見つけるのは芸術家

見たいように見るのが人の目なら

ありのままを映すのはビデオカメラ

可愛く光る宝石を時間という1カットで満足なの?

大きな工房にいて空間という1カットで十分なの?


回る時計の針で

時間と空間が形を変える

人として時空がぶれている


マワる人の手足も揺らぐ

斧で刻み込むその手がぶれたら

怪我をするのは自分自身

人として軸がぶれている


まことに申し訳ありませんが

あなたの注文されたみかんジュース

都合によりご用意できませんでした!

できませんでした!


私は!

何を!

思えば良いんだろう!!

onoyaonoya2007/10/23 01:47なんというか、無用な不快感を与えてしまった申し訳ない思いで一杯です。
おとといの日記にも書いてありますが、僕はようやく今春から℃-uteを推している超新参ヲタです(日記上では「超古参」と自分を揶揄しましたが。)
僕は自分のテキストに対して、「所詮はヲタの戯言である」という認識はもったつもりでしたが(「渾身の」ってのも自虐のつもりだったのですが)、どうも伝わらなかったようで申し訳ありません。ちょっと前まで、そういう自分の立ち位置というものは丁寧に日記で表明してきたつもりでしたが、最近確かに僕はそういう繊細さに欠けているようです。「仮想敵」がいるとするならそれは僕自身です。実際のところはシブイズム界隈の方に取り上げられた照れ隠し以外のなにものでもないのですが、ごめんなさい、書き方がまずかったのです。
長々書くのもあれなので、続きは自分の日記上で反省文を書こうと思います。

MS_DendrobiumMS_Dendrobium2007/10/23 22:08コメントを書こうとしたのですが、長くなってしまったので別に書きました。
こちらこそ、プロレスの邪魔をしてすいません。シヴイズム×モーニング娘。学会の戦闘演習のようになればとも思っていたのですが……。

skznightskznight2007/10/24 01:07心意気を酌んでくれたのはありがたいけど、腋毛フェチだなんて誤解を受けるなんて想定外で目から鱗なんだけど!
http://d.hatena.ne.jp/skznight/20070927
普通に考えて、こっちにリンク張るでしょ?
やっぱりウロボロス子さんはちょっとおかしいよ!

skznightskznight2007/10/24 02:12>>onoyaさん
はじめまして。onoyaさんのおそらくご友人と思われる、つばめ氏に、僕のはてなダイアリーをアンテナから外してくれるようにお伝えいただければ幸いです!