Hatena::Groupshibuism

女囚かしまし物語 ~27歳の恋なんて~ このページをアンテナに追加

2007-12-11

[]寒冷の候 寒冷の候 - 女囚かしまし物語 ~27歳の恋なんて~ を含むブックマーク はてなブックマーク - 寒冷の候 - 女囚かしまし物語 ~27歳の恋なんて~ 寒冷の候 - 女囚かしまし物語 ~27歳の恋なんて~ のブックマークコメント

年の瀬も間近となり(中略)早い話、色々と大変だったというわけですが、コメントレスなど、1ヶ月、2ヶ月前のものでも順に返していきたいと思います。

コメントレスの多いサイト/ブログは読者が減るという話を目にしたことがありますが、基本的にそれしかしていないのに、かえって読んでいる人が増えているように思えるのは気のせいでしょうか。

あと、「含むアンテナ」がブックマークされているというのは、かなり斬新な感じがしました。


[]今更ですが 今更ですが - 女囚かしまし物語 ~27歳の恋なんて~ を含むブックマーク はてなブックマーク - 今更ですが - 女囚かしまし物語 ~27歳の恋なんて~ 今更ですが - 女囚かしまし物語 ~27歳の恋なんて~ のブックマークコメント

tan_po_poさん

コメント欄1

まず、10月31日のコメントを延々と放置しておいてすいませんでした。

細かい誤字の訂正とか、不意に呼び捨てになっていたこととかは、別に気にしていません。「目からウロボロス子の嗜好」という言葉は、「涼宮ハルヒの憂鬱」っぽい語感だなあと思いました。


コメント欄2

ttp://shibuism.g.hatena.ne.jp/fuchirin/20071117

こちらのコメント欄

あと、ウロボロス子さんのことですが、もちろんウロボロス子さんのことを文面のみで判断するようなことは致しておりません(ゆえにいつか直にお会いして今あるわだかまりのようなものも解きたいと思っております)。今回僕に宛てられた(であろう)ポエムの剣も、自分自身が葛藤として見詰めている部分を的確に言い当てられてしまっているので、こちら側ものらりくらりと回避するぐらいしかしか術も無く・・・もしよろしければコック・ロビンを模した事務所風刺のポエムを僕が甚く気に入っているとお伝え願えますでしょうか、あと、『Papa told me』も僕は好きで、自分の娘にもその主人公の娘と同じ名前を付けているとお伝え願えましたら嬉しく思います。

こちらについても、特にコメントをせずにいたのは、コメント欄がいっぱいになってしまったり、タイミングを逸してしまったこともありますが、正直に言うと最後の一文の内容に、どう答えてよいのか分からなかったからです。賢く健やかに育ちますように……ということしかできないです。

「ポエムの剣」云々については、後に回させていただきます。


やきそば屋さん

まずは、時空がどうとかいう話をやっていた頃、tan_po_poさんがこちらにコメントやトラックバックを送られた前後くらいから、おふたりのはてなダイアリーさんは見ておりました。

その頃から、「斧屋さんを苛めるな!」的な意見や散文らしきものを書かれているのを見て、言いたいことがあるならハッキリ言えばいいのに、という感想を抱くと同時に、ディスられているのが私なのか、シヴイさんなのか、森林さんなのか。それとも他の人なのか、私にはよく分からず、違うのに反応するのもどうかと思って、たか木くんやシヴイさんに聞いてみたりはしたんですが、2人とも分からないようで、とても不安に思っていました。


どういうことなのかというと、

ttp://d.hatena.ne.jp/yakisoba0617/20071123/p3

正直僕の戯言なんて華麗にスルーしてもらっていっこうに構わないんですよ。穴掘って叫んでたようなもので、その穴がどうやらドコかに繋がってしまったことを含め、全部楽しめるかといえばそれ程の度量もなく。卑怯と言われればそれまでですが、自分としては下手に繋がって相手様に迷惑をかけたくないというのがあって、だったらなんとなく仄めかして気が付く人にだけ気付いてもらえれば、というスタンスで色々ブツクサ書いていたのです(まぁ、コレも既に誰かに向けて書いてるんでしょうw)。

こういうことだったというのが、後になって分かりました。分かったというか、やっぱりというか。

既に渦中に居るのに安全地帯にいると思っているかのような態度や、


ttp://d.hatena.ne.jp/yakisoba0617/20071113/p1

赤裸々に見えて一途を取り違えた欲望や、異端を嘲笑し安穏とする高慢よりは、一片の矜持と、できるだけ多くの風月や花をはかなむ詩心を。笑うより泣きたい。

見返りを求めれば、購われる快楽は麻薬となって、いつか魂を縛り付ける呪縛となる一方で、それでも尚、繰り返し自由に飛翔する人の強靱に、手を差し伸べるしかない彼の人の情というものに、憧れる。

この辺りの話とかが、うろ子の逆鱗に触れたので(ウロボロスだけに…すいません)、11月17日に軽くポエムってみたら下にあるように

ttp://d.hatena.ne.jp/yakisoba0617/20071118/p1

■[戯言][その他]

人をあやめんばかりに研ぎ澄まされた詞*1の、それを生み出した者ではなく、その者によって選ばれてしまった言葉に、ただ哀れを思う。貶し落としめることにのみ使われてしまった、それら言霊に鎮魂を。そしてまた願わくば、対象を美しく飾るべく生まれ変わったのちに見えんことを。

*1:とはもはや言うまい。あれほど毒の籠もった呪咀を編み出す狡猾から、それこそポエムなどという可愛げのあるものが生まれ出るはずもなく

やっぱりやきそば屋さんには何かの結界らしきものが張られているのか、全くもって他人事のように受け止められていらして、その上、狡猾だとか毒だとか呪詛だとか言われてしまっては、もうどうしようもないと思ってしまい、同じ事を返しただけでそこまで言われてしまうものなのかな?私ってそんなに酷いのかな?と、疑心暗鬼に陥ってしまい、軽く熱を出して寝込んでしまったのですが、tan_po_poさんが落ち込んでしまわれたりしたようで、それはそれで、やきそば屋さんがやっている書き方が私やシヴイさんたちを不安がらせていることと同じ事をそちらにお返ししたという意味では全くの失敗(何が成功かは分かりません)ということではないのですが、ちょっと何だかなあと思ってしまいました。同じ日のエントリーさんの中で、

自分が苦手なのは「ネタ」自体ではなくて「ネタ的コミュニケーション」です。お互い通用する間柄であればいいのですが、どちらか一方がその特殊な文法を知らない場合は、圧倒的ディスコミュニケーションによってその関係を放棄するか「ネタ」として楽しむかしかなくなります。知らない方は、コミュニケーション弱者ということで「ネタ」の対象になるし、ひょっとするとそういう人を貶めて楽しむために強者が弱者を探して繋がったりすることも考えられます。当然いつまでたっても相互理解することはないし、延々と言葉の真偽についての後出しジャンケンと、ネタヒエラルキーの弱肉強食が続いていくわけで。

こう書かれていましたが、この人は無敵だと思って、しばらく何もせずにいたら、ふっちさんのピュアさによって事態が変わっていき、呪いの殺人ポエムの話題になったところ、


ttp://d.hatena.ne.jp/yakisoba0617/20071129/p1

我が愛すべき朋友のTサンが、絶望的なまでにサディスティックなUサンに、無邪気なウサギの如くオーバーキルされているのを、どうにも見兼ねた上での、件の殺人ポエム投稿に到ったわけであります*1。かえって、殺意はなかったです、といっても自分の向けた言葉によって不安を感じたり体調を悪くしてしまう方がいたなら、やっぱりコチラも行きすぎでしたね、すみませんでした。

このように仰られたわけです。絶望的なまでにサディスティックなUさんというのは、おそらく私のことだろうと思うのですが、“オーバーキル”するようなつもりは全くなかったのですが、そのように感じられたのなら謝ります。

その後、ふっちさんたちを中心に、新しくテュベイムさんを巻き込んで愉快なお話しを繰り広げていらしたことや、「君ら」vs「ノゾラ」というのをお題にポエムを書いて欲しいと℃太郎界隈の使者の方から伝えられまして、今に至るという感じなのですが、テュベイムさんが使った「君ら」に私は含まれていなかったようだという見解で、どうやら間違いは無さそうなので、テュベイムさんの件に関しては、もうこれ以上どうでも良いかなと思っています。

関係ないですけど、「テュベイム」ってどこかに有りそうで聞いたことが無い名前ですよね。でも、音の感じがキャッチーというか。ちょっと、ガンダムとかに出てきそうな名前みたいな、面白い呼び方だと思います。

http://www.google.co.jp/hws/search?hl=ja&q=%E3%83%86%E3%83%A5%E3%83%99%E3%82%A4%E3%83%A0&client=fenrir&adsafe=off&safe=off&lr=lang_ja

2007-11-28

[]君ら死にたまふことなかれ 君ら死にたまふことなかれ - 女囚かしまし物語 ~27歳の恋なんて~ を含むブックマーク はてなブックマーク - 君ら死にたまふことなかれ - 女囚かしまし物語 ~27歳の恋なんて~ 君ら死にたまふことなかれ - 女囚かしまし物語 ~27歳の恋なんて~ のブックマークコメント

「疑問符にはヘイトとアテナが隠れている

アカシックレコードにそう書いてあった」

偉い人が言っていた


ディスって戦う女神様?

そう、まるであの頃のあの子のように

あの人と歌ったあの歌のように


あなたの望みがあの空を産んだ日から

洪水ですべてを飲み込むまでの

キュートな時間は無に帰すの

方舟の中から現れたのは

ノアではなくて、大怪獣ノゾラ


ノゾラと楽しく遊んで暮らす

℃太郎の千の眷属たち

低い空から小鳥が囀る

「ソレ ガ キミラ ノ ゲイフウ カ」

芸風はゲイ風か

恋空に吹く風は恋風か

℃太郎は英雄か

戦死した戦士の墓

戦士の墓の前で泣かないでください

千の眷属になって 千の眷属になって

理屈は理解していたが

怪獣キミラは鳴いた


ノゾラとキミラのラブゲーム

飲みすぎたのはあなたのせいよ

ノゾラとキミラのラブゲーム

アドバンテージが取れなくて


「君ら」死にたまふことなかれ

たとえキメラと呼ばれても

℃太郎の眷属は

Give me up!woo woo woo woo

Give me up!woo woo woo

2007-11-27ウロボロス子さんじゃなくてごめんなさい

[][]代打です。 04:24 代打です。 - 女囚かしまし物語 ~27歳の恋なんて~ を含むブックマーク はてなブックマーク - 代打です。 - 女囚かしまし物語 ~27歳の恋なんて~ 代打です。 - 女囚かしまし物語 ~27歳の恋なんて~ のブックマークコメント

急に寒くなったことや、仕事が忙しい、どこかから届いた呪いの思念(たこ焼きとソースと青のりの匂いに近かったそうです)をキャッチしたということで、うろ子さんが体調を崩してしまって、「書きたいことはあるんだけど、時間とかが取れない。そうしていくうちにタイミングも逸してしまった」ということで、更新が止まっている、(僕の主観によると)大人気の電波ポエムはてなダイアリーですが、「生存確認ついでに何か書いておいて。鳥z人間さんにアンテナ外してもらったら、はてなダイアリー更新するんでしょ?だったらこっちで更新しても同じだよね」と、取られた言質を有効活用されてしまったので、代打日記を書きます。id:skznightです。つんくの講演会(ゲスト:須藤茉麻)に行きましたが、内容をブログに書いてはいけないという注意が有ったので書きません。倫理ヲタっぽいことを言ってすいません。週末にはバスツアーです。


[]初恋 04:24 初恋 - 女囚かしまし物語 ~27歳の恋なんて~ を含むブックマーク はてなブックマーク - 初恋 - 女囚かしまし物語 ~27歳の恋なんて~ 初恋 - 女囚かしまし物語 ~27歳の恋なんて~ のブックマークコメント

うろ子さんは僕の中学生時代を知っているので、話すまでもないのですが、リアルに経験した初恋の話(「相手だった子が有原栞菜にちょっと似てたかも」とうろ子さんに言ったら笑われました)ではなく、架空の初恋についてです。

まずは、id:tubameなんちゃら氏のアンテナにまつわる、この一文を引用します。

好きだ! (アンテナ名)

男は常に女の初恋の人でありたがる。それが男の無様な虚栄である。

アンテナ名の下に書かれたこの一文が、とても僕には気持ち悪かったわけですが、これは「男」と書かれている一文にとても違和感を感じたからであり、個人の主観を多数の意見のように見せかけること、偉そうな文体に対して嫌悪を抱いたわけです。

「子供を産むことが女の幸せ」だったら子供の産めない私は何なの!?という話に繋がってもくるのかもしれませんが、それは繋げません。

tubameなんちゃら氏は、別の場所で

webサイトとして全世界に公開している以上、どんな読者に対してもわかりやすいように、伝わるようにと努力して書いてるつもりですが、最低限の読解力すら持たぬ人たち(読もうともしていない人たち)は、僕は相手にするつもりはありません。僕の文章を読むのは自由ですが、レスしたり、個人的にコンタクトをとったりするつもりはないで、それだけは肝に命じておいてください。これからは、悪意のあるコメント・メルフォは容赦なく削除しますので。

ttp://tubame.jugem.cc/?eid=885

と書いているようですが、「女の初恋の相手になろうとしていない僕(男性)」にとっては非常に悪意のあるコメントだと誤読することが可能です。

というか、僕の日記がアンテナ登録されているのが嫌だった理由に似てますね。

最低限の読解力すら持たぬ人たち(読もうともしていない人たち)は、僕は相手にするつもりはありません。

僕は読まれるのも嫌でしたが。これって恋なのでしょうか。


時空の話と誤読について

ttp://tubame.jugem.cc/?eid=1228

さて、ここからさらに踏み込んで、比重を置いてない側を見てみます。Bにとっての「時間」、℃にとっての「空間」とは何なのか。Bは℃よりも「時間」を軽視してて、℃はBよりも「空間」を軽視してるのか。否、それだけは絶対ない。むしろ、逆でしょう。だって、両ユニットにとってのそれらは、アイデンティティそのものだと思うから。

アイデンティティってなんだよっていうか、「私たちのアイデンティティは時間(もしくは空間)です。」って、神話?何神話?というか、椅子落ち吹いた、死んだ*1という単語が脳に舞っちゃうぅぅぅ、わたし、わたひ、舞っちゃうのぉぉぉおぉぉと*2思ったわけだけど、これはもしかしたら人を笑わせようとして書いているのかもしれない。偉そうな文体は、こういう突拍子の無いことを本気っぽく書くことで笑いを取ろうという、MMR的なギャグなのかもしれない。つんくは時間と空間をプロデュースしてるの?(これはある意味で間違ってない)。

多分、ここを深くディスったら

「思うから」と書いてあるから、これは主観。主観をどうこう言われても勝手にすれば良い

と返答されるだけだと僕が「思う」ので、あまり深くは突っ込まないが、Berryz工房℃-uteという、他の人が並々ならぬ興味を持つものに対して「アイデンティティ」なんていう言葉を使う勇気があるのは凄いと思った。マジ、ある種リスペクト。


時空の話と誤読について

「空間」を歌うためには、「時間」を固定しなければならない。

「時間」を歌うためには、「位置」を固定しなければならない。

Bの曲は「時間を止めた」空間の歌、℃の曲は「空間を止めた」時間の歌。一方のパラメータだけ固定化することは、その概念を軽視することと同義ではありません。グループの世界観を表現するための礎として必要不可欠だから固定化するのです。だからこそ、それが代替不可能物となり、アイデンティティとなります。

Bヲタに恋愛志向の中二病・童貞が多く、℃ヲタに博愛を唄う箱推しが多いのは、Bにとっての代替不可能物は「思春期性という時間」で、℃にとってのそれは「幸せな場という空間」だからだ、なーんて説明するのは強引すぎるかしら。

そのエントリーの中には、これがあります。最後の一文で茶化しているようにも見えますが、世界中に公開しているブログにおいて、℃ヲタは博愛を歌う箱推しが多い。Bヲタは恋愛志向の中二病・童貞が多いという印象を与えてしまいはしないでしょうか(善悪の判断に根ざしますので、どっかの人の定義によると客観です)。(ここでは、℃は℃-ute、BはBerryz工房を指していると判断しています)。これは、Bヲタ(広義で解釈するとBerryzのファン全体)に対しての皮肉か揶揄か何かでしょうか。ご自身に対しての言及ならば、℃ヲタやBヲタという言葉を使わずに済むのではないでしょうか。さらに、氏のエントリーの内容が僕にとって理解不能な論理の飛躍によってなされているように思えて仕方ないのに(上段参照)、なんでこんなブックマーク付いてるんだよ。しかも、本気っぽく受け取ってるっていう。はてなブックマークって、破綻した内容のエントリーにはディスるようなブックマークがいっぱい付くんじゃないの?っていうか、信じられないんだけど、これ全部が自演かネタ?って思った(主観です)。

俺だってその気になればこいつくらいのテキストは簡単に書ける(先行研究を紐解く必要も、資料を探したりせずに主観をタイピングするだけでできるので)。きっと書ける。それを、あえて砕けた表現にしている俺のテクニックが貴様らには分からないのか?ハロプロテキストサイトの奴らがユーモアに富んだブックマークをしていれば、俺の時間と空間論*3だって21usersくらいは簡単にブックマークされるはずなのだ。*4


偉そうにそれっぽく書いてればなんでもそれっぽく見えるというのはどうなんだって思ったりしてすいません。


「初恋」

アンテナの説明文に話を移します。

男は常に女の初恋の人でありたがる。それが男の無様な虚栄である。

これに対してのディスを「偉そうで気持ち悪い」という以外の面では控えていたのは、ここで言われている「初恋」がツルゲーネフさん*5の『初恋』(日本語訳しか読んでませんが)を指していて、男と女は、今、このセカイで生きているオトコとオンナ。そして、女は小説の登場人物である“令嬢”。男はその周りの貴族、詩人、少年。そのようなものだ。というところからの引用でもあるのではないかと考えたとき、この小説を読んで感動した自分の、あの頃の気持ちに嘘はつきたくないの。ということで、内容の面でディスるのを一時停止しておりました。

ですが、それとは関係ない初恋の話だったようですので、あの説明文は、本当に空疎なものだと思いますし、個人の話でしたら「女」「男」という一般名詞を使うのは気持ちが悪いと思うのですが、主観と客観の区別が付く方が多くの人に理解できるように書いているのなら、そのような言葉の選び方はしないと思う(主観です)。


とにかく、そのようなものが自分のはてなダイアリーを「含むアンテナ」にあったということが、とても嫌だということをここに記しておきたいと思います。気が付いたら自分が居たグループがヲタ芸祭りサークルになってたことに対しての残念*6な気持ちに近いというか、汚された感じというか。


ttp://d.hatena.ne.jp/whitekey/20070302

頭の悪いサイト / 人。ここで言う「頭の悪い」とは、愛すべきバカのことじゃなくて、言葉通りの意味。例えば、善悪(客観)と好き嫌い(主観)の区別が付いてない人・それを自覚してない人とか。そういう人に限って、他所の更新に噛み付いてる率が高いイメージがある。(これ主観) それが自分の中で完結してるならばサイトの個性・芸風の一つとして楽しめるんだが、そのスタンスで他所に絡む人はどうにもねぇ…。お互いの主張の共通点・相違点・問題点を理解できてないから、丁寧に意見交換したところで「徒労感」しか得られないわけで。まあ、そっち系の人がしたいのは「意見交換」じゃなくて「他者攻撃」なんだろうけども。

この文章を書いた人は、さぞや頭がいいんだろうなあと思いますが、トンデモな理論を自己完結させることもできずに広めようというのは、ハロプロのインターネット界隈(wwwwwwwwwwwwwwww にとってよろしくないんじゃなくて?みたいな(wwwwwwwwww


やきそば屋さんとかは誤読(苦笑)してるみたいですが、好き嫌いと同時に善悪のような判断も行ってるっていうのも有ったり無かったりすることもあるんじゃないでしょうか。これって恋なのでしょうか。


自分に酔った勢いで書いておりますので、乱筆、乱文はしったこっちゃないというか、元々うろ子のダイアリーだしね。

問題箇所とか誤字脱字があったら、うろ子さんが添削してくださーい。

*1:インターネット的面白表現

*2:急にみさくらなんこつ文体を使い出してですいません……

*3ttp://d.hatena.ne.jp/skznight/20070930/p3

*4ttp://d.hatena.ne.jp/shibui/20061127#p2

*5ゲキハロでカール・ルイスやソクラテスが「さん」付けで呼ばれていたので、ツルゲーネフさんと表記します

*6ハロプロのインターネットで使われている意味での「残念」ではなく、遺憾の意味です

MS_DendrobiumMS_Dendrobium2007/11/29 02:34うーん、65点くらいかな。
せっかく批判するんだったら、もっと核心をズバッと突くような書き方した方が良いんじゃないかな。でもまあ、それすらも敢えて分かりづらく書くっていう芸風(酷い言い草だね)というか、スタンスを通そうっていうのは嫌いじゃないよ。
でも、もっと分かりやすい言い方あるんじゃないかな?たぶん、「大手サイト嫌い」なだけだと「誤読」されちゃったりする可能性が上がっちゃうと思う。
私がそれを出来るかって言ったら、また別の話になっちゃうけど、たかぎくんが「大手」と呼ばれてるサイトを世間一般で思われているのと同様の「大手」だと考えていないことは、よく知ってる人じゃないと分からないよ。
℃界隈キーワードの「大手」みたいなことだよね。

私のアカウントを戦場にするかもしれない、この文章を削除しないかわりに、添削とかはしません。
だって、それが私たちのやり方だったはずだし。私も「つばめ」(森林さんの文脈上の意味で)さんみたいな男は好きじゃないけど、だからこそもうちょっとズバッと書いて欲しかったな……。ということで、35点マイナス。ってことでどうでしょうか。

skznightskznight2007/11/29 04:43まったくもってその通り。やっぱり、うろ子にはかなわないぜっ!

2007-11-17

[]センチメンタル・デフレ~ション 09:17 センチメンタル・デフレ~ション - 女囚かしまし物語 ~27歳の恋なんて~ を含むブックマーク はてなブックマーク - センチメンタル・デフレ~ション - 女囚かしまし物語 ~27歳の恋なんて~ センチメンタル・デフレ~ション - 女囚かしまし物語 ~27歳の恋なんて~ のブックマークコメント

感傷に沈む自称詩人が

センチメンタルをお買い上げ

ポエムのデフレ・スパイラル

贋作の感傷で鑑賞しても

濁った涙で曇った目では


泣いた分だけ流れる涙

流す涙は公害か

市場に出回り水溜り

流れぬ水は腐りゆく


腐った涙の干渉で

鑑賞さえもままならぬ

目から流れるその水で

枯れ木に花が咲くものか


ムンな気持ちは汚染値

手を握ることも

手を振ることも

できぬその手で

涙をぬぐう


汚れた涙をぬぐう手は

ヲタ芸打つには重過ぎる

ポエムを打つには汚れすぎ

毒手となって斧を持つ


涙のセンチメンタル・ロンダリング

汚れたセンチメンタルを

汚れた涙で洗うのか


涙のセンチメンタル・ロンダリング

汚れたセンチメンタルが

綺麗にならぬとまた泣くか

2007-11-12

[] 12:49 2007-11-12 - 女囚かしまし物語 ~27歳の恋なんて~ を含むブックマーク 2007-11-12 - 女囚かしまし物語 ~27歳の恋なんて~ のブックマークコメント

うろ子「バスツアー!(挨拶)」

たかぎ「千秋楽!(挨拶)」

うろ子「!!!」

たかぎ「ちょっと変えてみた」

うろ子「なんか、すごかったみたいだね」

たかぎ「そう、茉麻がすごい丸かった」

うろ子「…」

たかぎ「いや、まあそれは目の錯覚だけど、カーテンコールが終わった後で2回でてきた」

うろ子「へえ」

たかぎ「いやあ、あれだね。そんなにいろいろとライブとか行く方じゃないからさ」

うろ子「うん」

たかぎ「ああいうのって丹下桜のファイナルコンサートで観た以来くらいで」

うろ子「へえ」

たかぎ「用意してないアンコールで出てくるっていう心意気というか」

うろ子「ああ、普通のアンコールは、もうセットリストに入っちゃってるからね」

たかぎ「そうそう」

うろ子「で、書記さんはどうだったの」

たかぎ「ちょっと丸かったのと、『まるごと』のときみたいに感極まってたのとか以外は、いつも通りだったよ」

うろ子「MCとかも?」

たかぎ「茉麻っ気むんむんだったね」

うろ子「そっか」

うろ子「良かったね。って言っていいのかな」

たかぎ「もちろん」

うろ子「茉麻ちゃんがアニメおたくじゃなくなっちゃうけど、それとかはどうなの?」

たかぎ「だいぶ昔からそういう雰囲気はあるけど、それが理由で好きになったわけじゃないからねえ」

うろ子「なるほどねえ」

たかぎ「一番アニメおたくっぽいと思ったところは、倉増さんと生徒会長が写メを撮るところで」

うろ子「うん」

たかぎ「副会長が、倉増さんだけ撮ろうとしたり、電話に出たり、生徒会長が倉増さんから離れていったりするときに」

たかぎ「「なんで離れるんですか」とか「(電話に)出なくていいですから」って敬語なところと」

うろ子「うん」

たかぎ「最後の方で、徳永と二人で資料室にいるシーンで「カール・ルイスさんとソクラテスさんは何でこんなことをしたんだろう」っていうときの」

たかぎ「胸像を「さん」付けで呼ぶところ」

うろ子「ああ」

たかぎ「この2つは、すごいいい感じだった」

うろ子「他は?」

たかぎ「まあ、菅谷は当然として、熊井生徒会長も含めたそれ以外のキャラクターだと一番裏側の設定が活きてる感じなんじゃないかなあと」

うろ子「へえ」

たかぎ「あと、茉麻らしいなあと思ったのは、熊井ちゃんと競歩の練習をするシーンで、首にタオルをかけてるんだけど」

うろ子「うん」

たかぎ「そのシーンで、熊井ちゃんは「3年B組 熊井友理奈」って書いてあるのに「 年 組 須藤茉麻」としか書いてなくて、そんなの月組でも星組でもなんでも適当に書いておけばいいのにさあ」

うろ子「うん」

たかぎ「リアルの“須藤茉麻”を推測される可能性を考えてるのか分からないけど、舞台上の生徒会書記:須藤茉麻の性格からいったら、学年と組は書く方が分かりやすいじゃない。それを書かないっていうところが、すごい茉麻っぽいというか。本当に変なところに気がつくというか、気を使うというか、頭がいいというか」

うろ子「………褒めすぎ」

たかぎ「まあ、まる1ヶ月くらいにBerryzのステージが無かったから、その反動で……」

うろ子「まあ、いいけどね!」

たかぎ「何そのビックリマーク!」