Hatena::Groupshibuism

女囚かしまし物語 ~27歳の恋なんて~ このページをアンテナに追加

2009-05-09牛丼がどうとか

[][]おおもり おおもり - 女囚かしまし物語 ~27歳の恋なんて~ を含むブックマーク はてなブックマーク - おおもり - 女囚かしまし物語 ~27歳の恋なんて~ おおもり - 女囚かしまし物語 ~27歳の恋なんて~ のブックマークコメント

うろ子「牛丼って人がすごい叩かれてるんだけど、知ってる?」

たかぎ「ああー、何かあったらしいね。今日友達と飲んだときに聞いたよ。ぎゅうどんって人は、ヲタモダチの知り合い的な感じで名前は知ってるけど、℃現場はほとんど行ってないし、話したことはないなあ」

うろ子「そうなんだ。なんか、「早稲田モー研」の人らしいよ」

たかぎ「大学では時期的にもまったく接点がないよ(w」

うろ子「なーんだ」

たかぎ「でもまあ、時代の流れみたいなのは感じるねえ。席交換とか、昔……と言っても2~3年くらい前は、前に行くなら金銭的なものを提示するのが普通だと思ってたから」

うろ子「ヤフオク感覚みたいな?」

たかぎ「そうだと思うよ。というか、そりゃあ最前に行きたいわけだからそれなりの金銭を使うんだろうし、「金で買えるなら」みたいな意識はあったんじゃない? というか、体使う(徹夜とか)か金使う(ヤフオクとか要因とか部下みたいなものとか)か頭使う(合法的な手段で)かするべきところで、変な心理的プレッシャーでどうにかしようとしたのがもう、ゆとり教育の弊害みたいな? 血で血を洗う世紀末感? まあ、こういうことが実際に起きたのならっていう前提は必要だけど」

うろ子「交換しちゃう人も、ちょっとどうにかできなかったのかなと思うけど」

たかぎ「そこで金銭とか要求して「100万くれたら替わってやるよ」みたいに言えば、あるいは……という感じかなあ。だいたい、席としての接点は1ヵ所だけなんだから、そんなに恐れることはなかったんじゃないかなあと思うけど(不良マンガで学んだ、大勢を相手にするときは、ひとりづつしかかかってこれないような狭い路地に逃げろ理論から)。しかも、相手が言ってることに論理整合性なんてないんだし」

うろ子「あったら狼が「祭り」みたいになってないよね(w」

たかぎ「だね(w」

うろ子「たかぎくんがそういう状況になったらどうするの?」

たかぎ「うーん。相手によるかなあ。コンサート最前行ったことは1回だけあるんだけど、そのときは隣の人と開演前に「ぶつかったらすいません」的な話をして、和やかに終わったよ。ゲキハロでも最前なったことあるけど、「須藤MCが最後こっちなので」って断ったらちゃんと帰っていった。まあ、その人は単独行動の湯徳ヲタだったから無理強いはできなかっただろうけど」

うろ子「たかぎくんだったら、弱くはなさそうだもんね」

たかぎ「まあ、体格の見かけだけはね。大胸筋とかピクピクできるし(苦笑」

うろ子「ジュニアヘビー級って感じだよね」

たかぎ「プロレスしたいってことかい?」

うろ子「(無視)。かつて自分がいたサークルからこういう事件(?)が発生したっていうのはどうなの?」

たかぎ「ノーレス! まあ、複雑な心境、みたいなものは多少あるけど、自分がいた頃とは別物だしなあ。ああ、形だけとはいえ、昔サークルでやったイベントで司会をやった立場としては、講演会に出席していただいた方に申し訳が立たないというか、そういうところがあるので、サークル名変えるなり何なりしてもう別物としてやってくれればいいんじゃないかな。今でも覚えてもらえてるかはわからないけど」

うろ子「割と怒ってるんじゃない?(w」