Hatena::Groupshibuism

女囚かしまし物語 ~27歳の恋なんて~ このページをアンテナに追加

2007-12-11

[]今更ですが 今更ですが - 女囚かしまし物語 ~27歳の恋なんて~ を含むブックマーク はてなブックマーク - 今更ですが - 女囚かしまし物語 ~27歳の恋なんて~ 今更ですが - 女囚かしまし物語 ~27歳の恋なんて~ のブックマークコメント

tan_po_poさん

コメント欄1

まず、10月31日のコメントを延々と放置しておいてすいませんでした。

細かい誤字の訂正とか、不意に呼び捨てになっていたこととかは、別に気にしていません。「目からウロボロス子の嗜好」という言葉は、「涼宮ハルヒの憂鬱」っぽい語感だなあと思いました。


コメント欄2

ttp://shibuism.g.hatena.ne.jp/fuchirin/20071117

こちらのコメント欄

あと、ウロボロス子さんのことですが、もちろんウロボロス子さんのことを文面のみで判断するようなことは致しておりません(ゆえにいつか直にお会いして今あるわだかまりのようなものも解きたいと思っております)。今回僕に宛てられた(であろう)ポエムの剣も、自分自身が葛藤として見詰めている部分を的確に言い当てられてしまっているので、こちら側ものらりくらりと回避するぐらいしかしか術も無く・・・もしよろしければコック・ロビンを模した事務所風刺のポエムを僕が甚く気に入っているとお伝え願えますでしょうか、あと、『Papa told me』も僕は好きで、自分の娘にもその主人公の娘と同じ名前を付けているとお伝え願えましたら嬉しく思います。

こちらについても、特にコメントをせずにいたのは、コメント欄がいっぱいになってしまったり、タイミングを逸してしまったこともありますが、正直に言うと最後の一文の内容に、どう答えてよいのか分からなかったからです。賢く健やかに育ちますように……ということしかできないです。

「ポエムの剣」云々については、後に回させていただきます。


やきそば屋さん

まずは、時空がどうとかいう話をやっていた頃、tan_po_poさんがこちらにコメントやトラックバックを送られた前後くらいから、おふたりのはてなダイアリーさんは見ておりました。

その頃から、「斧屋さんを苛めるな!」的な意見や散文らしきものを書かれているのを見て、言いたいことがあるならハッキリ言えばいいのに、という感想を抱くと同時に、ディスられているのが私なのか、シヴイさんなのか、森林さんなのか。それとも他の人なのか、私にはよく分からず、違うのに反応するのもどうかと思って、たか木くんやシヴイさんに聞いてみたりはしたんですが、2人とも分からないようで、とても不安に思っていました。


どういうことなのかというと、

ttp://d.hatena.ne.jp/yakisoba0617/20071123/p3

正直僕の戯言なんて華麗にスルーしてもらっていっこうに構わないんですよ。穴掘って叫んでたようなもので、その穴がどうやらドコかに繋がってしまったことを含め、全部楽しめるかといえばそれ程の度量もなく。卑怯と言われればそれまでですが、自分としては下手に繋がって相手様に迷惑をかけたくないというのがあって、だったらなんとなく仄めかして気が付く人にだけ気付いてもらえれば、というスタンスで色々ブツクサ書いていたのです(まぁ、コレも既に誰かに向けて書いてるんでしょうw)。

こういうことだったというのが、後になって分かりました。分かったというか、やっぱりというか。

既に渦中に居るのに安全地帯にいると思っているかのような態度や、


ttp://d.hatena.ne.jp/yakisoba0617/20071113/p1

赤裸々に見えて一途を取り違えた欲望や、異端を嘲笑し安穏とする高慢よりは、一片の矜持と、できるだけ多くの風月や花をはかなむ詩心を。笑うより泣きたい。

見返りを求めれば、購われる快楽は麻薬となって、いつか魂を縛り付ける呪縛となる一方で、それでも尚、繰り返し自由に飛翔する人の強靱に、手を差し伸べるしかない彼の人の情というものに、憧れる。

この辺りの話とかが、うろ子の逆鱗に触れたので(ウロボロスだけに…すいません)、11月17日に軽くポエムってみたら下にあるように

ttp://d.hatena.ne.jp/yakisoba0617/20071118/p1

■[戯言][その他]

人をあやめんばかりに研ぎ澄まされた詞*1の、それを生み出した者ではなく、その者によって選ばれてしまった言葉に、ただ哀れを思う。貶し落としめることにのみ使われてしまった、それら言霊に鎮魂を。そしてまた願わくば、対象を美しく飾るべく生まれ変わったのちに見えんことを。

*1:とはもはや言うまい。あれほど毒の籠もった呪咀を編み出す狡猾から、それこそポエムなどという可愛げのあるものが生まれ出るはずもなく

やっぱりやきそば屋さんには何かの結界らしきものが張られているのか、全くもって他人事のように受け止められていらして、その上、狡猾だとか毒だとか呪詛だとか言われてしまっては、もうどうしようもないと思ってしまい、同じ事を返しただけでそこまで言われてしまうものなのかな?私ってそんなに酷いのかな?と、疑心暗鬼に陥ってしまい、軽く熱を出して寝込んでしまったのですが、tan_po_poさんが落ち込んでしまわれたりしたようで、それはそれで、やきそば屋さんがやっている書き方が私やシヴイさんたちを不安がらせていることと同じ事をそちらにお返ししたという意味では全くの失敗(何が成功かは分かりません)ということではないのですが、ちょっと何だかなあと思ってしまいました。同じ日のエントリーさんの中で、

自分が苦手なのは「ネタ」自体ではなくて「ネタ的コミュニケーション」です。お互い通用する間柄であればいいのですが、どちらか一方がその特殊な文法を知らない場合は、圧倒的ディスコミュニケーションによってその関係を放棄するか「ネタ」として楽しむかしかなくなります。知らない方は、コミュニケーション弱者ということで「ネタ」の対象になるし、ひょっとするとそういう人を貶めて楽しむために強者が弱者を探して繋がったりすることも考えられます。当然いつまでたっても相互理解することはないし、延々と言葉の真偽についての後出しジャンケンと、ネタヒエラルキーの弱肉強食が続いていくわけで。

こう書かれていましたが、この人は無敵だと思って、しばらく何もせずにいたら、ふっちさんのピュアさによって事態が変わっていき、呪いの殺人ポエムの話題になったところ、


ttp://d.hatena.ne.jp/yakisoba0617/20071129/p1

我が愛すべき朋友のTサンが、絶望的なまでにサディスティックなUサンに、無邪気なウサギの如くオーバーキルされているのを、どうにも見兼ねた上での、件の殺人ポエム投稿に到ったわけであります*1。かえって、殺意はなかったです、といっても自分の向けた言葉によって不安を感じたり体調を悪くしてしまう方がいたなら、やっぱりコチラも行きすぎでしたね、すみませんでした。

このように仰られたわけです。絶望的なまでにサディスティックなUさんというのは、おそらく私のことだろうと思うのですが、“オーバーキル”するようなつもりは全くなかったのですが、そのように感じられたのなら謝ります。

その後、ふっちさんたちを中心に、新しくテュベイムさんを巻き込んで愉快なお話しを繰り広げていらしたことや、「君ら」vs「ノゾラ」というのをお題にポエムを書いて欲しいと℃太郎界隈の使者の方から伝えられまして、今に至るという感じなのですが、テュベイムさんが使った「君ら」に私は含まれていなかったようだという見解で、どうやら間違いは無さそうなので、テュベイムさんの件に関しては、もうこれ以上どうでも良いかなと思っています。

関係ないですけど、「テュベイム」ってどこかに有りそうで聞いたことが無い名前ですよね。でも、音の感じがキャッチーというか。ちょっと、ガンダムとかに出てきそうな名前みたいな、面白い呼び方だと思います。

http://www.google.co.jp/hws/search?hl=ja&q=%E3%83%86%E3%83%A5%E3%83%99%E3%82%A4%E3%83%A0&client=fenrir&adsafe=off&safe=off&lr=lang_ja